自分に見合ったレーシックの種類を把握

一般的なレーシックのフラップにおきましては衝撃に堪えれなくて外れてしまう可能性もあります。
そんな場合にはフラップを作成することなく、角膜の上皮のみを取り除いてレーザーを照射する手術であるRPKという治療法が適しています。

 

まず最初はどのような種類のレーシックが存在するのか、またその内容から自分に最も適している方法を探しましょう。
手術を受けることとなるクリニックの選択にもこれは大きく関わってくる問題となりますので、しっかりと事前確認をしましょう。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 RPKの治療法というのは、角膜の厚みが足りていない人に適用されるレーシックとなります。
症状に合わせて理想となる治療方法を探していきますと、あなたに最も適したレーシックを見つけることが出来ます。



自分に見合ったレーシックの種類を把握ブログ:12 1 2022

おれには小学生の男の子がいますが、
軽いハンディがありまして、
そのために療育的な指導というのを受けています。

前、その指導でお世話になっている方と
ゆっくりお話しする機会がありました。

その時に、
「お子さんのことで何か困っていることはない?」と聞かれ、
思ったのが、
「学校の参観とか行くと、どうも切ない気持ちになる」
ということでした。

「どうしてそういう気持ちになるのかな?」と聞かれ

おれが答えたことは、
「お子さんのハンディは受け入れたつもりだけど、
やっぱり他のお子さんたちと比べてしまうから切ないのかな、いや〜でも…」

答えながら、
「うん?なんかしっくりこないなあ、本当のおれの気持ちはどこにある?」
という感覚になりました。
そしておれはしばし黙って考えました。

それからおれは、涙の予感を感じ、
ハンカチをカバンから取り出し、目に当て…

「う〜ん、なんかおれが小学生の時、教室ですごい孤独で…
教室にいる時、おれは本当に孤立無援な感覚でいつもいたんだなって、
今、気がつきました…」
と、話している自分がいました。

だから、机の並んだ教室を見ると、
どこからともなく切ない気持ちが湧きあがってきた…
ということのようです。

孤独で、寂しくて、誰からも助けてもらえないと思い込んでいる
小学生のおれの気持ちが、
「つらいよ〜、おれの気持ちに気付いてよ〜」と、
心の中から訴えてきていた…ようです。

誰にも助けてもらえないと思い込んでいたおれは、
誰にも助けを求めず、結果、周りからは
「しっかりしていて、助けのいらないお子さん」に見えていたらしく、
逆に頼られてしまうという、ちょっとキツイ状況が生まれたのかな…
と思います。


ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握