レーシックを受けることの出来ない目の状況

レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
あなたの角膜というのは事前の検査をすることによって、知ることが出来るので後々問題になってくることはありません。

 

レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
角膜の厚みにつきましては、事前に各クリニックで検査をしてくれるので心配はいりません。
現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。 レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくることとなる光の屈折の角度を調節していきますので、角膜というのは非常に重要な部分となるのです。



レーシックを受けることの出来ない目の状況ブログ:03 5 2022

ベロの表面に付いている白いもの…
あれは、汚れそのものなんですよね。

もちろんうっすらと付いている
程度であればまったく問題ありませんが、
しっかり濃く付いている人は、要注意!

ベロを見れば、その人の健康状態がわかると言われていますが、
ベロを清潔に保つことは、
シェイプアップにとってもいいことなんです。

新陳代謝が悪かったり、唾液が少なかったりすると
汚れもたまりやすいそうです。

ベロに汚れがたまると…
味覚がうまく働かなくなり、鈍くなってしまいます。

味覚が鈍くなるということは
薄味の食品では満足できず、
自然と味付けの濃いものを好むようになるんですよね。

味付けの濃いものには塩分が多く、むくみの原因になります。
また、糖分も多く含まれていることが多いので、
その分カロリーも高くなりがち…

味付けの濃い食品って、
高カロリーの食品が多くありませんか?

逆に、薄味の食品には、
低カロリーのものが多いです。

だから、
シェイプアップ中、ヘルシーな食事で満足するには、
味覚を正常に保つことが大切になってくるわけですね。

ベロの状態を正常に保つためには、
歯磨きの時に、いっしょにベロも磨いてあげるといいみたい!

ベロの表側と裏側を、奥から先に向かって
歯ブラシでなでるように…
これを数回繰り返すだけでも、
ベロの状態はだいぶ違ってきますよ!

口の中を清潔に保って、
薄味で低カロリーの食事でも満足できるようになれば、
シェイプアップにも必ずいい効果が生まれるはずですよ。

ベロ磨きは口臭予防にもなるので、
ぜひ試してみてくださいね!

明日はいい日だ。がんばろ〜^^

ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握